浴槽には市販の入浴剤代わりに日本酒や塩を

忙しい日々を過ごすと1日のうちのどこかで時短を考えますがその方法として、入浴ではなくシャワーで済ませることも少なくはありません。肉体的な健康面とともに肌の健やかさを考えたとき、少しコンディションが落ちたときは迷うことなく入浴を選びます。ありきたりな健康法ではありますが、入浴をすることは健康を維持する上でも侮れません。この時に使うのが入浴剤ですが、市販のものではなく日本酒や天然塩を使います。

塩を入れる際には大量に入れることはなく、ほんの少量ではありますが、塩を湯に溶かすだけで発汗作用は倍増です。体内の汚れたものは様々な方法で外へ出ようとしますが、お風呂では老廃物や毒素も汗で出ていきます。肌を軽くコーティングするのも塩の働きであり、そのおかげで普通にお風呂に入るより発汗が多く、老廃物もその分だけたくさん出ていくわけです。ついでにたくさんの汗をかくので、皮膚の汚れもそれだけ自然に落ちてくれます。

マグネシウムも惜しみなく含むのも塩なので、筋肉の緊張を緩やかに解きほぐすため、肩こりを解消したい時には入浴時に塩は欠かせません。浴槽の素材などにより塩は控えたほうが良いこともあるので、お風呂に使用して大丈夫か事前に確認すると安心です。キッチンで料理に使うためにストックしている、日本酒を入浴剤代わりに使うこともよくあります。

アデノシンを含むのもアルコールの特徴であり、これが全身の血行を良くする秘訣です。使う日本酒の量もさほど多くはありませんが、血管を自然に拡張させるので、滞りがちな血液はスムーズに流れるようになります。だから日本酒を入れた浴槽に浸かると、何も入れない時より心からポカポカと温まる速度が速いです。

湯船に日本酒を少量入れると、なんとも華やかな心地よい香りが漂います。ケミカルな香料とは異なり、純粋な香りが浴室内の水蒸気とともに満たされますが、酒臭いといった不快感は全くなく、それどころか心地が良いです。そんな良い香りが緊張感を柔軟に取り去ってくれるので、日本酒のお風呂に入るととてもリラックスします。