眠気冷ましは紅茶を飲むかゼリーを作る

私のオリジナル健康法ですが、眠気を覚ます方法で健康的な方法のオリジナルのやり方のお話です。私は以前は眠気冷ましにコーヒーを飲んでました。と言うのもコーヒーのほうがメリットである覚せい作用のカフェインが多いのがコーヒーのほうが多いためコーヒーのほうを愛用していたのです。

ですが、コーヒーはある問題を抱えてまして健康に悪いということで辞めました。実はコーヒーって嗜好品の中で結構消化に悪い飲み物で豆から抽出した成分が消化に悪いため辞めたのです。健康を考えた場合、消化に良い方が眠気冷ましとして適切であるため紅茶に変えたというお話です。

紅茶は、実はかなりコーヒーよりもメリットが多くて健康にいいです。具体的には消化に良いのが利点でそれにプラスする形で美容に良いポリフェノールが多いのです。ですので、私は紅茶を愛用するようになったのです。

私のオリジナルの紅茶の飲み方ですが、アイスティーかホットティーで飲むのですが、時間が無い場合、適切に紅茶を取得する手法としてゼリーにしたものを飲んでます。これが結構手早く紅茶を体内に取り入れることが出来ましてお勧めの手法です。 やり方は、紅茶を入れた原液を寒天で固めるのですが、紅茶の茶葉の量を普通の紅茶より濃い目に抽出し、寒天で固めます。こうすることでたくさんのカテキンやカフェインを体内に取り入れることが出来るのです。

ちょっと苦い位の寒天ゼリーを作るのがおすすめで、デザートとしても使用可能でデザートにする場合、まず紅茶の寒天を取り出して、ガムシロップをかけて食べるととてもおいしいですし、眠気冷ましとして最高です。

他には茶葉を使用したお菓子と言う物も作ったりしたのですがこっちはあまり眠気挟めなかったです。どうやらお湯で茶葉をドリップして蒸らさないと直接クッキーなんかに茶葉を入れただけではカフェインが機能しないようです。

紅茶初心者の方はダージリンで寒天を作るのがおすすめで飲みやすさが高いです。上級者になれば濃い目の茶葉でたくさんの色素が出る、セイロンがおすすめです。セイロンはかなり濃い目に作ることが出来、茶葉が細かいので茶こしで越さないと不純物として寒天に茶葉が入りますがそれでも、カフェインの料とカテキンは多いはずです。

以上が私のオリジナル健康法ですが、紅茶葉さえあればだれでもできるのではないかと思います。ちなみに、よほど飲みすぎたりしない限り副作用みたいなものは現れず、日本茶の延長みたいなものなのでお財布にやさしい紅茶葉から始めるとよいです。